ブログ

「まいど1号」、「江戸っ子1号」の次は・・・!

皆さまこんにちは。

私たちは、2005年から大連で対日オフショア開発をやっていてますが、1社ではまだまだ対応できる規模にも限界がありますし、最近ではご依頼頂ける範囲もWebからスマートデバイスへと広がってきています。

そこで、今年から、そんな悩みを持つ大連の仲間たちと”大連テックアライアンス”を結成しました。お客様からはワン・ストップでご用件を頂き、私たちアライアンスの中で、その分野を得意とするプロ達によって対応させて頂くというものです。

日本でも、東大阪や東京の墨田区の中小企業が集まったプロジェクトが話題になりましたが、私たちも、ここからアジアへ、世界へ発信できるものを作っていきたいと思っています!

そんな、大連テックアライアンスのホームページはこちら↓↓↓

http://dl-tec.net/


タグ: | コメントする

AWSの検証中です

どーもこんにちは。
大連ランダムウォーカー技術担当の竹中です。

 

弊社でシステムを開発する際
・さくらインターネットのレンタルサーバーやVPS
・Microsoftのクラウドプラットフォーム、Azure
をお勧めすることが多いです。
前者は価格が手頃で使い勝手がよく、実績が多数あること、
後者はC#や.netなど、弊社とパートナーの得意分野の技術と親和性が高いWindows環境が利用可能なクラウドサービス、
というのが主な理由です。

 

が、昨今は  課金サービス をリリースするなどAmazonWebServiceのサービスの充実ぶりに目をみはるものがあり、弊社としても早めに利用可能な体制を作る必要がある、ということでAWSの環境構築を検証しています。

 

AmazonWebServicesはCPUやメモリ、ストレージ、ネットワーク等の各リソース単位や、スナップショットやフェイルオーバー等のサービスで課金設定が可能です。
きめ細かく最適化可能な課金の仕組みは反面、見積もりのしにくさもあり、料金見積もりサイト SIMPLE MONTHLY CALCULATOR などを使っても、いくらになるかよくわからない、というのが正直なところです。

 

幸い無料、あるいはごく低額から利用できるサービスもあるので、エバンジェリストの方が提供されている資料等をみながら、自社の検証環境に利用しつつ着実に経験とノウハウを蓄積していこうと思います。

 

AWSクラウド利用料算出の参考資料

 


タグ: | コメントする

ウェブサイトを公開しました。

どーもこんにちは。
大連ランダムウォーカー技術担当の竹中です。

弊社のウェブサイトを公開しました。

【構成】
サーバー:CentOS(さくらインターネット)
CMS:Wordpress

【担当】
デザイン:安礼デザイン( http://www.anli-d.com )
コーディング:弊社

続きを読む


タグ: | コメントする